小児皮膚科

お子さんの肌を守るために、
親御さんができること

子供の皮膚のことなら、小児皮膚科へ

小さな子どもは、大人に比べて免疫力が弱いため、皮膚の症状が急速に変化しやすいという特徴があります。あせも、とびひ、いぼ、水いぼ、アトピー性皮膚炎、水痘(みずぼうそう)などは、子供によく見られる皮膚疾患です。
皮膚科に行くべきか小児科に行くべきかお悩みの場合もあるかと思いますが、平井皮膚科クリニックでは小児の皮膚科診察も行っていますので、まずは当クリニックへご相談ください。

主な小児皮膚疾患

乳児湿疹、脂漏性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、あせも、水痘(みずぼうそう)、とびひ、虫さされ、けが、やけど、あざ、しもやけ、水いぼ、いぼ、手足口病など

乳児の皮膚のことも、お任せください

生後1年未満の乳児の顔や頭部に皮膚炎ができることがよくあります(乳児湿疹)。赤ちゃんの皮膚に異常が見られる場合は、早めにご相談ください。
なお、治療の際、ステロイドを使った塗り薬を処方する場合もありますが、お薬の強さや量などはお子さんの成長には影響のない量ですのでご安心ください。

小児アトピー性皮膚炎

原因がわかりづらいアトピー性皮膚炎ですが、当クリニックでは、何に対してアレルギー反応を示しているのかを調べることができます。ご自身のアレルギーの体質を知ることは大切なことです。
お薬の使用法については、丁寧にわかりやすくご説明しますので、初めて診察を受けられる方も心配せずにお越しください。
また、症状がある程度良くなってきましたら、保湿剤を使ってお子さんとスキンシップを取ることも大切ですので、その方法についてもアドバイスいたします。

とびひ(伝染性膿痂疹)

とびひは、あせもや虫に刺された箇所、湿疹や、すり傷に細菌感染を合併することで起こる、夏に多い病気です。
軽症の場合を除いて、治療には塗り薬に加えて抗生物質の飲み薬を使用することが重要です。

水いぼ(伝染性軟属腫)

水いぼは、ウイルスの感染によって発症する病気です。特に乳児や幼児に多く見られ、半年から数年で自然治癒することもありますが、その間に数が増えたり、他の方にうつる可能性がありますので、掻かない、タオルを共用しないといったことを心掛け、感染防止に努めましょう。
当クリニックでは、ピンセットで摘除する治療を中心に行っております。痛みを軽減させるため、ご希望の方は麻酔テープを使用することも可能ですので、ご相談ください。

みずぼうそう(水痘)

みずぼうそうは顔や身体にかゆみのある小さな赤い斑点ができた後、水疱ができます。感染力が強いため、学校保健安全法により全てかさぶたになるまで、学校はお休みすることになっています。
基本的に自然治癒する病気であり、全身状態が良い場合は経過観察する場合もあります。

やけど(熱傷)

やけどには、高温のものが接触して生じる一般的なやけどと、触れられる程度の温かいものが長時間肌に接触することで生じる低温やけどがあります。
やけどの重症度はなかなか判断が難しく、その後、細菌感染を起こしたり、痕が残ったりすることもありますので、早めの受診をおすすめします。

あざ(母斑症、血管腫など)

あざにも、生まれた時からあるもの、出生後に出てくるものなどいくつか種類があり、それぞれにいくつかの治療選択肢があります。
当院では、患者さんの症状やご希望に合わせて専門の医療機関のご紹介をしていますので、まずは一度ご相談ください。

平井皮膚科クリニック TEL:03-5655-1211 平井皮膚科クリニック TEL:03-5655-1211

新着情報

一覧へ >
2019/06/07NEW
本日の診療案内
2019/06/07NEW
本日の診療案内
2019/06/06NEW
本日の診療案内
一般皮膚科 小児皮膚科 自費診療 シミ、肝斑、そばかす 巻き爪の治療 まつ毛貧毛症 男性型脱毛症(AGA)
クリニックニュース
平井駅徒歩4分 仁愛堂クリニック 菊川駅徒歩2分 菊川内科皮膚科クリニック 葛西駅徒歩4分 葛西内科皮膚科クリニック つらくない 苦しくない 胃・大腸内視鏡検査専門外来 各種パンフレット 当院が紹介されました!

新着情報

一覧へ >
2019/06/07NEW
本日の診療案内
2019/06/07NEW
本日の診療案内
2019/06/06NEW
本日の診療案内
一般皮膚科
小児皮膚科 自費診療 シミ、肝斑、そばかす 巻き爪の治療 まつ毛貧毛症 男性型脱毛症(AGA)
クリニックニュース
平井駅徒歩4分 仁愛堂クリニック
菊川駅徒歩2分 菊川内科皮膚科クリニック
葛西駅徒歩4分 葛西内科皮膚科クリニック
つらくない 苦しくない 胃・大腸内視鏡検査専門外来
各種パンフレット
当院が紹介されました!