クリニックニュース

2018.07.15更新

暑い日が続いています。できれば家の中でじっとしていたいところですがそうもいっていられません。

外出する際、日焼け止めをぬる機会が多いと思いますが、正しく塗れていますか。

日焼止めを塗っていたのに日焼けした!という経験はだれしもがあるかと思います。

 

効果のある日焼け止めの塗り方は

right arrowUVBとUVAの両方に有効なものを選ぶ

right arrow出かける直前に塗る

right arrow顔はパール2個分の量を塗る(厚めに塗る)

right arrow2,3時間後に塗りなおす

 

どうでしょうか。海やプールに出かけたときはウォータープルーフを使用することも多いですが必ず塗りなおしましょう。忘れがちな首の後ろもしっかり塗りましょう。

紫外線吸収剤は白くなりにくく防御力も高いですが刺激が出ることがあります。紫外線散乱剤(ノンケミカル)は低刺激ですが白くなりやすい製品も多いです。

メイク落としを使用するものからお湯で落とせるタイプまで様々ありますから自分に合ったものを選ぶとよいでしょう。

 紫外線のお話はこちら 

 

 flower2総武線 西船橋駅から15分 江戸川区平井駅北口 平井皮膚科クリニックflower2

投稿者: 平井皮膚科クリニック

2018.07.13更新

平素より当院をご利用いただきありがとうございます。

 

 8月6日(月)~8月12日(日)まで休診とさせていただきます。

その他、毎週水曜日は休診日となっております。 

 

休診直前の週末や、連休明けは混みあう事が予想されます。

ご迷惑をおかしますがよろしくおねがいします。

 

 

投稿者: 平井皮膚科クリニック

2018.07.13更新

本格的に暑くなってきました。当院にも毎日沢山のとびひのお子様が受診されます。

 

とびひは「伝染性膿痂疹」と言って、細菌が皮膚に感染することで発症します。掻きむしった手などを介して水ぶくれやただれがあっという間に体のあちこちに「飛び火」するためこの呼び名になっています。

 

黄色ブドウ球菌が主な原因のとびひは夏に多く、小学生以下のお子様が多く感染します。ちなみに黄色ブドウ球菌は健康な人の皮膚の表面や鼻の中にいる常在菌ですが、傷口などから皮膚に入り増殖するときに出す毒素がとびひの原因になります。

汗疹や虫刺されなど掻きむしって皮膚がじゅくじゅくしてきたら要注意です!早めに受診しましょう。

 

治療は、抗菌剤の内服や外用がメインとなって、必要に応じてかゆみ止めを内服します。小児科や耳鼻科に通院されている方はお薬手帳をお持ちください。

 

日常生活でも気をつけたいことがあります。

★患部をいじらないようにじゅくじゅくしている間は薬を塗ってガーゼで覆いましょう。

★皮膚を清潔に保つことも大切です。患部をこすらず石ケンで優しく洗います。

★兄弟間やお友達同士でタオルの共有はしないようにしましょう。

★プールは症状を悪化させたり他の人にうつしてしまう事があるので治るまではお休みしてください。出席停止が義務付けられている病気ではありません。通園先や通学先の規則によりますので先生にご相談ください。

投稿者: 平井皮膚科クリニック

平井皮膚科クリニック TEL:03-5655-1211 平井皮膚科クリニック TEL:03-5655-1211